AKB48の原価計算☆限界利益って知ってるかヲタクども

2016/06/01現在のAKB48国内姉妹グループの総勢は304人※

世の中には絶対法則であるパレートの法則が存在するので、304人のうち20%がAKB内での影響力や売上を有していると考えられる。

つまり、AKBとして力があるのは約60人だ。

この約60人は選抜総選挙64位までのフューチャーガールズ(49-64位)までを指すと考えればヲタク的には分かりやすいだろう。

選抜メンバー&アンダーガールズ&ネクストガールズ&フューチャーガールズ=メインAKB

AKBの給与形態はAKBグループとしての給与(AKB給与)と単独で活躍した所属事務所から支払われる給与(事務所給与)の2本立て。なお、選抜メンバーのAKB給与は、指原がTwitterで「基本年功序列」と答えている。

単純に想像するに事務所給与は単独なので割りがよく、AKB給与は大所帯を運営しているため割りがよくないハズ。

アイドル単独で生活できれば大したもの…らしい。

そこで、メインAKBのAKB給与平均年収が400万円と考えると月額2,000万円以上の支払給与額だ。
もちろん収入はピンキリだろうが、平均して400万円なら良くないか?
あとはメインAKB以外の諸費用、社会保険も考えると月額4,000万円が人件費だと考えられる。

この大所帯を運営しているのが「AKS」。

2015年に税務調査を受けて、3年間で4億円以上の申告漏れを指摘されていた会社だ。

この内容は、メンバーが住む住宅の家賃などを立て替え払いし、報酬として経費計上することによって業績を赤字化。赤字なので法人税等の納税は最小限の均等割りだけで済む。消費税は収めていただろうけども。

立替金 100,000 / 預金 100,000 AKB家賃

給与 100,000 / 立替金 100,000 AKB報酬

このような形で、住宅手当のように経費計上していた。税務署的には、それは寄付金でしょうと。寄付金は税務上、一定金額以上は費用として認められないため脱税していたことになる。

経費削減(ブラックだったけども)に熱心な姿勢が見受けられるAKS。

AKBでいかに儲けるか?

AKS側で考えたときは「限界利益」を非常に意識することになる。

限界利益とは、売上‐変動費のことだ。

この限界利益が固定費よりも多ければ黒字。

この限界利益が固定費よりも少なければ赤字。

固定費とは主に人件費と物件費であり、ここではAKBの給与とAKSの事務所家賃(ドン・キホーテ秋葉原店8階)ということになる。

この固定費であるヒト・モノをフル活用して、売上高をつり上げて、変動費を抑えられれば儲かるワケだ。

なのでAKBという付加価値をつけて値段を釣り上げている。

本日より第81弾生写真ポスターA41枚が550円で売られているが、この印刷代をWeb系の格安店に発注すれば150円。1枚400円の利益だ。

昨日より選挙ポスターTシャツが3,500円で売られているが、オリジナルTシャツの作成を格安店で頼めば1,000円以下。1枚2,500円の利益だ。

AKBのCAFEではフードメニューが軒並み1,050円で売られているが、通常の店であれば750円ぐらいのメニュー。材料費は200円ぐらいと考えられる。1食850円の利益だ。

他にもCDセールスやコンサートでこの限界利益を増やして、固定費以上を目指している。

成功しているモデルとは、この限界利益を消費者に少なく“感じさせている”。

手間暇かかっていると感じさせることが出来れば、消費者は“この値段で得をした”と考えるからだ。

こうするには、変動費を極力発生させず、固定費をフル活用することによって付加価値を上乗せるor宣伝することが鉄則だ。

握手会は、彼女らが握手していようが移動していようが発生する人件費という固定費。月額4,000万円以上の給与にその業務内容は含まれているワケだ。

この握手会によって物販が促進される。まさに固定費であるヒトのフル活用である。

ヲタクもこのような目でAKBを楽しんで欲しい。

世の中は頭がイイヤツが考えたルールの上で、頭の悪いヤツは気付かぬうちに搾取されるようになっている。

だったら、せめてそのルールを理解しよう。

いつか、搾取“する”側に回ることがあるかもしれないのだから。

++++++++++++++++++++++++++++++++

※AKB 125+SKE 62+ NMB 52+ HKT 40+NGT25=304人


公式サイトのメンバー及びプロフィール掲載人数をカウント。
そのため研究生・バイトを含む。国内グループ兼任者は1人カウント。


++++++++++++++++++++++++++++++++

(詳細)
AKB48公式サイト
http://www.akb48.co.jp/about/members/

AKB 125人

SKE48公式サイト
http://www.ske48.co.jp/profile/list.php

SKE 63-1=62人

総勢63人
兼任1人
北川綾巴 SKE48チームS / AKB48チーム4兼任
∴63-1=62

NMB48公式サイト
http://www.nmb48.com/member/

NMB 54-2=52

総勢54人
兼任2人
山本彩 NMB48 チームN / AKB48 チームK兼任
渋谷凪咲 NMB48 チームBII / AKB48 チーム4兼任
∴54-2=52

HKT48公式サイト
http://www.hkt48.jp/profile/

HKT 44-4=40

総勢44人
兼任4人
兒玉遥 HKT48 チーム H / AKB48 チーム K 兼任
矢吹奈子 HKT48 チーム H / AKB48 チーム B 兼任
朝長美桜 HKT48 チーム KIV / AKB48 チーム 4 兼任
宮脇咲良 HKT48 チーム KIV 副キャプテン / AKB48 チーム A 兼任
∴44-4=40

NGT48公式サイト
http://ngt48.jp/profile

NGT 26-1=25

総勢26人
兼任1人
柏木由紀 NGT48 Team NⅢ / AKB48 Team B兼任
∴26-1=25

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の原価コンサルタント 和田仁支

Author:名古屋の原価コンサルタント 和田仁支
ブログタイトルにある“無双”とは、唯一無二という意味です。

企業も人も十人十色。全く同じ会社は世界に二つと存在しません。そして、御社の原価も全く同じものは存在しません。


まさに“原価”“無双”です。


そんな原価の計算・活用・管理に役立つ情報を私の感性でお送りします!!

<経歴>
高校生の回転寿司アルバイトで年間給与100万超。売れるネタと儲かるネタが違う事を知り、企業経営に興味を持ち税理士を目指す。会社組織を知ろうと新卒でトヨタ系上場企業に入社。税務を希望するも畑違いの「原価担当」となり、入社早々会社組織の理不尽さを体験。しかし、現地現物主義という理念が性に合い、1ヶ月の半分以上を現場に通い、人・モノ・設備の流れを原価に変える力を身に着ける。現在は名駅(柳橋市場の近く)にある税理士法人の一員として、中小企業経営者の支援をする傍ら原価コンサルタントとして執筆・研修・原価管理導入支援コンサルを行う。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR