【結婚式の原価計算】粗利益率50%の仕組みと業界事業!

今回は、結婚式場の原価計算を取り上げます。

まずは、結婚式場を取り巻く環境を把握しましょう。少し古いデータですが、2010年の国勢調査では生涯未婚率(50歳で1度も結婚した事のない人の割合)は男性が約20%、女性が約10%。なんと50歳男性の5人に1人、女性では10人に1人が結婚したことがない!ということです。これは4年前のデータなので、今の結婚式場運営業界はますます厳しいと想像出来ます。また、長期的には少子高齢化・非正社員増加で結婚市場の縮小は避けられないと考えられ、競争が激化している側面もあります。他社との差別化をいかにして図るかが各社の課題であり、サービス内容の充実や新設備による目新しさ、広告による知名度の向上に一層力が入っています。

そんな結婚式場の原価率はどれほどなのか(この原価には、材料費と経費を含み労務費は除きます)?結婚式場の原価率は約40~50%と言われています。つまり、粗利益率50~60%です。ここには高利益率になる仕組みと高利益率にならざるを得ない事情が存在します。

高利益率になる仕組みは、結婚式場で提供される料理で考えれば理解し易いです。結婚式は人数が事前に決まっているため、複数の結婚式分の材料をまとめて仕入れる事によって調達コストが削減出来、かつ、人数分の料理を作ればよいので在庫が発生しません。必要なものを必要な量だけ安く入手する仕組みが出来上がっています。高利益率にならざるを得ない事情は、一般的に週末勝負だからです。飲食店が1週間に7日稼働するのに対して結婚式場は約2日です。1週間で業績を考えれば、平日に発生した費用も週末でカバーする必要があるため、利益率を高くせざるを得ません。最近ではキャンドルと夜景の演出で夕方から行うナイトウエディングも登場し、結婚式の時間帯が広がりました。結婚式場としては、週末に1組でも多く挙式をしたいので、新しい市場の開拓という意味でこのナイトウエディングは成功し、同じ境遇にある様々な結婚式場がこの新市場に参入して盛り上がりをみせています。また、冒頭にも記載しましたが、他社との差別化が各社の課題であり、設備投資を頻繁に実施し、アピールし、広告を打つ必要があります。受注総数約650台だったあのピンククラウンを結婚式場が購入したとディーラーから聞いた時に私はとても納得しました。結婚式場が欲しい要素である差別化・話題性・高級感を兼ね備えた車はそうそうありません。もちろん設備投資を実施すると、維持管理にも費用がかかるため、式場を自前で持っているような業者は総じて固定費割合が高いと考えられます。料理や花である変動費割合を抑えることによって、限界利益を多く獲得し、固定費を負担し、残った利益を次の投資に充てているのが結婚式場の現実です。

設備投資が多く、固定費割合が高い業態は他にもたくさんあります。皆さんの知るディズニーランドもその典型ですが、実はパーク運営の90%がアルバイトであり、曜日・季節について固定費と思われがちな労務費を大幅に変動させて対応しています。この業態では、変動費の改善、又は、同じ設備の利用率を高めることが業績アップの鍵ではありますが、新しい改善や利用率を高める活動はすぐには実施出来ません。しかし、自社の差別化要素を残したまま同じ境遇にある他社への追随を実施する事によって、容易に実施出来る可能性もあります。自社の業界だけに囚われず、同じ業態の別な業界動向にも反応できるよう目を光らせましょう!(文:和田仁支)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の原価コンサルタント 和田仁支

Author:名古屋の原価コンサルタント 和田仁支
ブログタイトルにある“無双”とは、唯一無二という意味です。

企業も人も十人十色。全く同じ会社は世界に二つと存在しません。そして、御社の原価も全く同じものは存在しません。


まさに“原価”“無双”です。


そんな原価の計算・活用・管理に役立つ情報を私の感性でお送りします!!

<経歴>
高校生の回転寿司アルバイトで年間給与100万超。売れるネタと儲かるネタが違う事を知り、企業経営に興味を持ち税理士を目指す。会社組織を知ろうと新卒でトヨタ系上場企業に入社。税務を希望するも畑違いの「原価担当」となり、入社早々会社組織の理不尽さを体験。しかし、現地現物主義という理念が性に合い、1ヶ月の半分以上を現場に通い、人・モノ・設備の流れを原価に変える力を身に着ける。現在は名駅(柳橋市場の近く)にある税理士法人の一員として、中小企業経営者の支援をする傍ら原価コンサルタントとして執筆・研修・原価管理導入支援コンサルを行う。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR